×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FXデイトレードの特徴

取引をどのくらいの期間かけて行うかによって、FXデイトレードと中長期トレードに区分できます。FXでは、中長期のトレードと短期のデイトレードの売買の留意点が少し異なります。デイトレードでは小さな値幅の中での差益を狙いますが、これは、1日の短い時間の中で売買を行う短期決戦的な売買をしているからです。0.3円から0.5円ぶんの差益を狙うことが多く、時に1円ぶんの差益を狙う程度です。

デイトレードでは、1円2円単位の大きな利益はほとんど狙えませんが、中長期のFXの場合は数円の幅での差益を取ろうとします。為替市場は眠らない市場と呼ばれ、平日ならば常に開いています。ただし、ヨーロッパでロンドン市場がオープンした頃と、アメリカのニューヨーク市場がオープンした頃は取引量が活発になります。

相場の動きが賑やかになるのは、ロンドン市場時間の夕方4時頃と、ニューヨーク市場時間の夜9時頃以降です。荒っぽい値動きの時ほど、デイトレードは差益が取りやすくなります。チャート表は相場を知り、先々を予想する際に強力な武器になります。

チャート表には1日単位、週単位、月単位のものがありますが、デイトレードで参考にするのは主に10分単位や30分単位です。短いチャート表から一瞬のタイミングを掴むのがデイトレードですが、長期のチャート表で相場の大きな流れも把握します。

関連サイト


FXデイトレードのコツ

レバレッジをかけてFX取引で大きな儲けを得るには、それなりのコツが必要です。FXのデイトレードで元手を何十倍にもした成功者の話を聞きますが、そういった人は全体の10パーセントに見たず、70%は負け越しているといいます。失敗する人は、FXで小さな差益を何度か重ねていながらも、それらの儲けが一気に吹っ飛んでしまうほどの大きな差損を出してしまいがちです。

円安への動きは少しずつじりじりと変わっていきますが、その後ストンと落ちます。FXのデイトレードでは、動きが急に変わるタイミングで損を大きくしてしまわないことです。自分なりのパターンを作り出して、それに沿ってデイトレードをすることが成功のポイントです。ただし、法則性に縛られすぎると思わぬところで損が出ます。臨機応変に使えるルールを幾つか持っておきましょう。

為替相場の状況に応じてこの時はこのルール、こうなったらこのルールと瞬時に対応していくのもFXデイトレードのコツです。為替市場の大きな動きから、流れのほんの一部分をつまみ取って儲けを得ることが多いデイトレードは、確実に掴めるチャンスはほんの一握りでもあります。

一瞬の決断によって利益も損も大きく変わりますので、デイトレードでは即断が必要です。あまり欲張りすぎず、取れる差益を確実に取って、負けすぎないタイミングでうまく逃げることが必要です。


FXデイトレードのリスク管理

その日のうちに何度もFXの売買をするデイトレードという手法があります。日計りという名称でデイトレードを表現することもあります。FXでは、デイトレードによって収入を得て生計を立てているデイトレーダーもいます。その日その日で取引の区切りをつけるので、デイトレードでは大きな下落や急騰とは関わりなくその時々の差益を狙えます。

デメリットとしては、短い時間での売買しかしないために大きな差益が狙えないことがあります。大きな上昇トレンドでも、デイトレードでは乗ることができません。運用方法をコントロールすることで、一度の取引が壊滅的な損になることも、リスクを回避することも可能です。FXにはレバレッジというシステムがあり、業者に預けた資産よりも大きな金額の取引ができます。

FXのレバレッジの仕組みをうまく使うことで、証拠金が少なくとも一時的に大きな取引をするようにデイトレードを行うことが可能なのです。高レバレッジは高リスクと一体なので、その点は注意しましょう。レバレッジ100倍で取引をすることもデイトレードでは行われます。対して、中長期で外貨を保有したい時は大きくてレバレッジ5倍から6倍程度が目安です。

タイミング次第ではレバレッジを上げて、リスクがあっても大きな差益を狙うことができます。デイトレードにFXが適している点は、常にリスクを調整しながら様々な取引ができるからといえるでしょう。


Copyright © 2008 FXデイトレード All rights reserved.
- ホームページSOS -